身体への効果

| 未分類 |

甘みを伴ったフレッシュなハーブ調の香りの精油はローズマリーと並んで、
記憶力・集中力を高める作用があります。

身体面には、強い消毒殺菌作用があり、細菌の増殖を抑制し、肺を強化してくれるので、
風邪、咳、扁桃腺炎などの症状を回復させます。

そして、血行促進作用により、体を温め、痰を切る効果もあります。

温かいお茶や紅茶などに1~2滴落とし、ブレンドティーで摂るのがオススメです。

消化器系への働きかけも大きく、消化不良を改善するだけでなく、胃腸の各種感染症に効果があります。

尿路の殺菌消毒にも役立つので、膀胱炎にも用いられます。

また、血液循環を良くし、低血圧を正常化するのにも効果をあらわします。

肌への作用は創傷やただれの緩和、フケや脱毛改善などの頭皮ケアに適しています。

不眠症にアロマバスがオススメです。湯を張った浴槽に精油を3~4滴落とし、湯にゆっくり浸かります。

不眠症の原因の1つであるストレスを緩和し、心と体をリラックスさせます。

精油でのマッサージには鎮静効果があるので、頭痛の緩和にも役立ちます。

ただし、長期間使用すると毒性を示す可能性があると言われています。

皮膚刺激、粘膜刺激があるので適用量を守り、よく希釈するなど注意が必要です。

高血圧や妊娠中の方は使用しないようにしましょう。