ケモタイプについて

| 未分類 |

精油の成分の構成が異なれば精油として効果は違うものになります、そのため、同じ学名の植物から採った精油でも、主要成分が異なる精油を「ケモタイプ」として区別されています。

アロマテラピーに利用される精油のうち、ローズマリー、ユーカリ、タイムの3つは代表的な精油になります。

学名のあとに「Ct.」(Chemical type)と表記されます。

ローズマリーは、栽培された地域によって、ローズマリー・シネオール、ローズマリー・ベルべノン、ローズマリー・カンファという成分や香りが異なる3種類のタイプに分かれます。

ユーカリによく似た清涼感あって刺激的な香りが特徴的です。

ユーカリは、グロブルス種以外では、ユーカリ・シトリオドラ、ユーカリ・ラジアータ、ユーカリ・スミスティ、ユーカリ・ディベスなどがアロマテラピーに使用されています。クールでさわやかな香りが特徴的です。

タイムは、5つの種類をもち、、タイム・ゲラニオール、タイム・リナロール、タイム・ツヤノール、タイム・パラサイメン、タイム・チモールなどの5つのタイプがあり、それぞれ成分や香りが微妙に異なり、作用にも違いがあります。最も濃厚な甘さがある香りが特徴的です。