お肌への効果の表れ方について

| 未分類 |

このハーブはチモールと呼ばれる成分が含まれています。この成分はハーブの中では一番強い殺菌効果と抗ウイルス作用を備えています。その強い効能を持っていることから古代エジプトではミイラの腐食を防ぐために使用されていました。そしてかつてまだ冷蔵庫がなかった時代にこのハーブを使って料理をすることで保存力を高めるためにも使用されていました。また中世ヨーロッパではペストが蔓延した時にも非常に役立ち、このハーブの枝を焚き空気を浄化したり、入浴の際に用いり感染を予防していたという歴史があります。
現在このハーブやエッセンシャルオイルの効能を利用し、肌トラブルやけがに対する処置として利用されています。
お肌への効能は、脂性肌の肌質の人には皮脂分泌を整える作用があるので、ニキビが出来るのを防いだりする効果があります。虫刺されや切り傷などけがをしてしまったときにも外用薬として利用することができます。その強い殺菌効果から切り傷などの傷口から雑菌や細菌が侵入するのを防ぐ効果があります。
利用法はエッセンシャルオイルを利用し、入浴の際に湯船に垂らし利用する方法や湿布にして使う方法があります。ハーブを煎じた液などを利用しても同様に効果が得られます。

月とロケット