キレイモ

 

コモンタイムは、ヨーロッパ南部・地中海沿岸地方原産のシソ科の植物で、パエリアやソーセージ、ミートソース、魚料理など、ヨーロッパの料理で頻繁に用いられる定番のハーブですが、近年は、タイムのアロマオイルの原料としても用いられることも増えています。
日本ではタチジャコウソウと呼ばれており、タイムといえばこの品種のことを指すのが一般的です。

タイムは、古来より強い抗菌作用のあるハーブとして認識されており、古代エジプトでは遺体保存用の防腐剤として利用されていたといわれています。
また、ペストが蔓延した中世時代、人々は感染を防ぐために、タイムの葉を焚いたり、タイムを入れた風呂に入ったりしたというエピソードもあります。ネイル技能検定

一方、タイムから抽出されたオイル(精油)には、主成分としてチモールという物質が含まれています。
チモールは、歯磨き粉や軟膏、石鹸などの防腐剤として用いられる抗菌・抗ウイルス性に優れた物質です。
つまり、タイムをアロマオイルとして利用すれば、チモールの抗菌・抗ウイルス作用によって、風邪や感染症の予防効果が期待できるわけです。

また、タイムの精油には、チモールの他にも、カルバクロール、シモール、シネオール、リナロール、テルペン、フラボノイドなど、様々な成分が含まれており、これらの成分の相乗効果で、利尿作用や疲労回復、喉の痛みや咳、痰などの気管支炎の症状や不眠症の改善などの効能が得られるといわれています。

なお、タイムには強心作用や血行促進作用があるともいわれており、意欲減退・虚弱体質の方にも効果的ですが、心臓に持病がある方や高血圧の方の使用には注意が必要です。

月01